前水産

☎0823ー45ー5471

前水産は、食と健康をキーワードに、環境に配慮した商品作りを行っています。

前へ
次へ
スペーサー

会社概要

会社名
有限会社 前水産
所在地
〒737-2302
広島県江田島市能美町鹿川3441-45
会社設立
H2年3月24日
代表者
取締役社長 前 公二
事業内容
海産物、水産加工品の卸・小売り
営業時間
9:00〜17:00
休業日
日曜 祝日 年末年始
  • 前水産
  • 前水産

海産物、水産加工品の卸・販売業

弊社は海産物、水産加工品の卸・販売業を昭和50年に共同で創業、 前水産として平成2年3月に独立、法人化しました。

現在では、ちりめん・いりこ・乾燥えび・乾燥なまこなどの海産物、ちりめんや牡蠣の佃煮・いりこ味噌などの加工品の生産ならびに販売を行っています。

瀬戸内石鹸 瀬戸内石鹸 瀬戸内石鹸

乾燥なまこの加工販売

乾燥なまこの加工販売は、平成16年11月から行っています。

室町の昔から中国では日本の海産物(乾物)は人気があり、 乾燥なまこも、中華料理の高級素材として本場中国に輸出しています。

ところで生牡蠣の煮汁を濃縮した牡蠣エキスは、 タウリン・グリコーゲン・亜鉛といった有効成分が多く含まれており、 調味料やサプリメントなどの食品に使われています。

同様に、なまこのエキスも有効利用出来ないだろうか?

海を愛し、海の幸を商う私共に、ひとつの課題が与えられました。

瀬戸内石鹸

乾燥なまこを製造する過程

瀬戸内海で獲れた新鮮ななまこは、港に急送されます。 そして熟練の職人による手作業で、処理加工されます。

漁港の朝はは早く明け、冬でもそれは変わりません。 洗浄に使う海洋深層水は冷たく、獲物の鮮度を維持するために作業場もまた、冷気で満ちています。

どんな業種であろうと、いわゆる職業病が存在しますが、 水仕事をする女性にとって「手荒れ」の問題は、深刻な悩みのひとつです。

瀬戸内石鹸 瀬戸内石鹸 瀬戸内石鹸

瀬戸内の自然で育まれた「なまこ」 広島を代表する「かき」

瀬戸内石鹸

そして瀬戸内産の食用なまこから お肌に、そして環境に優しい、なまこ石鹸が生まれました。

瀬戸内石鹸

続いて、広島産牡蠣を再利用して お肌に、そして環境に優しい、牡蠣石鹸が生まれました。


コンテンツ

  • なまこ石鹸
  • 牡蠣殻石鹸

リンク

メディア情報

  • @MetisOFFICIAL
  • 篠田純平
  • RCCテレビ Eタウン
  • テレビ朝日 super Jチャンネル

オンラインショップ

商品は特約ショップの他、オンラインショップでもお買い上げいただけます。

  • オンラインショップ
ページのトップへ戻る